スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

スケートアメリカ2006 ショートプログラム 

今日は、朝ごはんを食べてまた寝て、昼ごはんを友達と定食屋に食べに行って、昼寝して、夜ご飯を食べました。寝すぎなのと、胃腸の調子が悪かったのは、平日の仕事が大変で、精神的にも疲れているせいでしょう。

それと、部屋の掃除をしました。忘れてました。最近記憶力も悪くなっている気がします。ちょっと心配だ。

夜、TVでスケートを見ました。お目当ては浅田真央選手です。以前TVで見たときもよくって、感動したことを覚えています。今日も良かったです。曲はノクターン。滑らかな滑りと正確なジャンプは私にすぐさま安心を与えました。優れた芸術作品を見ている気がしました。私の中では他の選手とは明らかに違う気持ちが生まれました。

どうしてか、と考えました。それは演技の完成度の高さだと思います。たとえば、一つ気づいたのが、他の選手よりも演技と曲の同期がよくとれていることではないでしょうか。これは滑り出しで気づきました。ここまで気配りができるのは、やはり確かな技術力が支えているからだと思います。他にも私が気づかない具体的な努力があることでしょう。

技術力を元にさらに何度も自分の演技を見直して、自分の好みの演技になるまで磨いているのではと想像しました。そういった積み重ねから感動が生まれたのだと思います。そこまでして、技術的な関心から私たちを解放して、表現として成立し、人に伝わるのでしょう。

まず確かな技術力を身につけ、さらに完成度を高める努力をする。これができているのが浅田選手だと思います。このような基本的なことができているのが一人だとしたら、意外なことではないでしょうか?あらゆるものごとを極めていくのはやはり難しいようです。こう書いてみると、意外なことではないように思えてきます。
スポンサーサイト




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

コメント

ジャンプ前のステップ

自分でコメントします。
続けて、テレビを見ていたら、荒川静香さんが浅田選手のすごいところは、助走をあまりとらなくてもジャンプに入れるところだということを言われていました。そういう技術がショートプログラムのポイントをこなすという印象を消して、全体として表現する演技を可能にしているんですね。勉強になりました。
  • [2006/10/29 00:21]
  • URL |
  • ブックマーク管理人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bookmark.blog3.fc2.com/tb.php/170-0155f885

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。