FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

『新日曜美術館』三橋節子さん 

三橋節子さんの回です。

すばらしかったです。ぼくは絵は描けないけど、あのような作品を作りたいですね、それは文章かもしれないですけど。

柳宗理さんの個展もあります。日常でわたしたちはデザインとか美について意識しないようになっているのではないでしょうか。


今日の夜8時から再放送があります。ぜひ、見てください。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

反骨ミリオネーゼ 

『スタメン』によると団塊の世代ジュニアが、
起業して、お金持ちになっているそうです。

親のサラリーマン人生をぼくらは見ています。
で、このような社会が続くと思っています。
自分が会社に入ったら、こうなるだろうと
将来が見えてしまう(気がする)。
それに耐えられないのかと思います。
ぼくもそう思う。
親の世代はきっと時代が変わっていく時代だったのでしょう。

大きい話ですね。ぼくも起業なんかできたらと思いますけど、
日常とか親とかを大事にするということを忘れがちなので、
気をつけたいと思います。ほんと。
これが自分にとって一番大事なことだと思い始めています。

自分よりは家族や周りの人のことを考えたいのです。




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

『風林火山』第4回ぐらい? 

ねたばれあります。

今回は最愛?の人が亡くなる展開です。
勘助は武田家にうらみを持ちました。
今後どのようにして、軍師になっていくのでしょう。そこが見所です。

ところで、『風林火山』はダークな展開ですね。いきなり。それと怖いのは武田信玄の父親がダークなのに、その理由が描かれていない。そこって説明はなくていいのかもしれないけれど、なんだか視聴者からもよく理解できず、信玄と同じ気持ちなのか、なんだかとっつきにくいドラマかなあと思います。

『功名が辻』はわかりやすく、良いドラマでした。
『風林火山』は説明されない部分もあり、ざらざらした感触があります。だからといって、悪いわけではないと思います。それがこのドラマの良さになっていくのかなとも思ったりします。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

アニメ『NANA』 

アニメ『NANA』がいいですね。漫画もいいのかな。

思いやりとか友情とかエゴとかが鮮やかに描かれている感じがします。

最初思ったのが、せりふの良さです。

最近もここぞというところで、ずばっとせりふが来ます。

ちょっと最近は少し図式的な進行が気になります。でも、楽しみに変わりはないのです。

アニメ『NANA』のDVD



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

労働生産性 

『ワールドビジネスサテライト』で、生産性を上げる特集してました。

未来工業は会社が暗い。節約です。

イン何とかって会社は、決まった席が無いそうです。楽しそう。

良品計画はノー残業。うらやましいけど、ぼくにできるかな。

どの会社も気合が入ってます。今の会社にどっぷりつかりすぎかなあ。
いうならば、安住。

風呂に入ろうかな。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

『風林火山』第三回 

今日はちょっと印象が無い回でした。

武田晴信(のちの信玄)と武田信虎の関係が型にはまっていて、と考えると他も型にはまっていて、というか次回への準備という感じがします。

ミツの演技はいいです。細部がいいです。他は細部がよくありません。板垣の演技はよかった。準備はよくないです。準備という意味と解釈されてはいけないのです。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

『風林火山』第2回 

『あるある』見ながら書いてます。「欧米か!?」って面白いけど、このコンビ何?大沢あかねちゃん可愛いですね。

『風林火山』第2回。

“貫地谷しほり”さんは掘り出し物らしいけど、モノ扱い。。。
評判らしい。確かに光るものがあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070114-00000003-gen-ent

『あるある』で、がんの予防法やってます。はやく教えてくれ。

うー、今日は勘助が故郷に帰り、冷たくされ、しかも殺されそうになり、故郷を捨てるというよくできた話でした。現実は厳しいな。
故郷を捨てる経験は無いので、どんな気持ちかと思いました。これから何を生きる力に勘助は生きていくのでしょうね。
故郷とか家族とかは生きる力になる、それだけが生きる力ではないけど。
最後は第一回の甲斐の国に帰りました。貫地谷しほりさん演じるミツが迎えました。

う、がん予防は野菜、果物がよいとのこと。ここまで引っ張って、その結論かよ。。。TVって結論だけ読むとか、概要だけ読むとかできないから、時間がかかりますね。

『風林火山』、来週が楽しみです。




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

『風林火山』第一回を見ました。 

去年の『功名が辻』に続いて、見ました。
来週も見なきゃという感じになりました。

なんだか、つかみどころが無いです。
番組宣伝を見たところ、いまいちコンセプト不明だったのですが、見ても不明のままです。
それに疑問がいくつかあります。

疑問1.なぜ昨年の『功名が辻』と似た、というより同じ時代なのか?

これはハードル高いですよね、だって、目新しさが難しい。それと、結局、武田は負けちゃう。どういうドラマになるんだろう?

疑問2.主人公がなぞ。

いまいちどういうドラマになるのかわからない。その点、『功名が辻』はわかりやすかった。

疑問3.キャストがなぞ。

ガクトくらいかな、わかるの。どうしてこのキャストなのか?目玉が無いのは意図的?ていうか、武田の武将、顔が似てて見分けが難しいです。

いくつかなぞがあり、内容に惹かれた訳ではないのですが、なぞが知りたくて見ました。

で、見た感想。

主人公がギラギラで『武蔵』を思い出すのですが、まじめすぎた武蔵とは少し違うようです。人物がより複雑で面白いです。まだまだ謎ではあります。次回も見なきゃと思わせます。

そして、血なまぐさい。やっぱり戦争を描くのか?

そして、戦争をよく描いている。武田と北条の合戦は細かく、裏の書きあいを描いていました。そういうのが好きな人にはいいかも。それと、戦争は複雑な様相を持って描かれていて、リアリティがあるかも。

そして、ちょっと現実離れ。一度つかまったミツを助けるところ。パーとメインテーマが流れたあの場面はちょっと現実離れしてるかも。

ということで、書いてみると、1.戦争(あるいは戦国時代)を描く、2.主人公ギラギラ、3.ちょっと現実離れ、ということでしょうが、やっぱりテーマは不明ですね。

大河ドラマは(じゃなくて、どんなドラマでも)、世相を反映しているはずです。ある部分で現代を描かなければならない。そういう意味で、『風林火山』は、描く能力を持っていそうだなあ、となんとなく思いました。

まだまだなぞが多く、これは製作者の意図かもしれませんが、次回も見ようと思いました。




DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

TV『クリスマスの約束』やってますよ 

小田和正さんの音楽番組です。
松たか子さんとの『to U』よかったですね。
まだやってますよ。チェックしてみてください。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking

スケートアメリカ2006 ショートプログラム 

今日は、朝ごはんを食べてまた寝て、昼ごはんを友達と定食屋に食べに行って、昼寝して、夜ご飯を食べました。寝すぎなのと、胃腸の調子が悪かったのは、平日の仕事が大変で、精神的にも疲れているせいでしょう。

それと、部屋の掃除をしました。忘れてました。最近記憶力も悪くなっている気がします。ちょっと心配だ。

夜、TVでスケートを見ました。お目当ては浅田真央選手です。以前TVで見たときもよくって、感動したことを覚えています。今日も良かったです。曲はノクターン。滑らかな滑りと正確なジャンプは私にすぐさま安心を与えました。優れた芸術作品を見ている気がしました。私の中では他の選手とは明らかに違う気持ちが生まれました。

どうしてか、と考えました。それは演技の完成度の高さだと思います。たとえば、一つ気づいたのが、他の選手よりも演技と曲の同期がよくとれていることではないでしょうか。これは滑り出しで気づきました。ここまで気配りができるのは、やはり確かな技術力が支えているからだと思います。他にも私が気づかない具体的な努力があることでしょう。

技術力を元にさらに何度も自分の演技を見直して、自分の好みの演技になるまで磨いているのではと想像しました。そういった積み重ねから感動が生まれたのだと思います。そこまでして、技術的な関心から私たちを解放して、表現として成立し、人に伝わるのでしょう。

まず確かな技術力を身につけ、さらに完成度を高める努力をする。これができているのが浅田選手だと思います。このような基本的なことができているのが一人だとしたら、意外なことではないでしょうか?あらゆるものごとを極めていくのはやはり難しいようです。こう書いてみると、意外なことではないように思えてきます。



DVD、CD、本をAmazonで検索

個人的リンク集「ブックマーグ」

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。